読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドア

結局、あの頃に戻ったとしても
得るものも失うものも一緒なんだ
何故なら、捨てるのはいつも俺
だから変われないし、変わらない

それを人のせいにして逃げてた
思い出を美化して誤魔化していた
もっと早く、気付く事が出来たら
もっと早く、ドアを開けたと思う

「いつか変われるかな」なんて
甘い言葉から早く抜け出して
この迷路から早く抜け出して
また君と話がしたい、なんて

言えるわけない。それでも
もう一度だけもう一度だけって
誰もいない教会で指を編んで
祈りを捧げている俺を早く

殺してくれ 救ってくれ 許してくれ
「また人頼み?」とか言われて
泣いても 黙っても
明日は待ってくれない
だから今日は

13月に残されたまま、一人で
こんな詩を歌っていた。待って
「それでいいの?」良くないさ
分かってる また歩き始めるさ