無題

転職した会社が楽しすぎて困る。
毎週末飲んでるし、皆と仲良いし、
新卒はいい子だし、恵まれてる。
何かに恵まれると、何かを失う。
全てを手に入れることは出来ない。
いつも痛感する。
そんなとき、何もいらないから、
あの子が側にいてくれたら、
と思う。
25歳になっても、こんなことを思ってる。
きっと、これじゃ駄目なんだ。
また、変わっていかなくちゃならない。
金が要る。生活を劇的に変えるには金が必要だ。
そのためには沢山学んで、仕事が出来るようになって、
沢山給料を貰う。俺にはそれぐらいしか考えられない。
効率が良く頭の良い人間からは馬鹿にしか見えないだろうけど、
俺にはそれしかないんだ。
悲しい。それでも生きていかなきゃいけない。
頑張るぞ。

無題

あの子の気持ちが分からない日は
あの子の好きな人の本を読んで
誰かを好きだったことを思い出して
今日を檻の中に閉じ込めて眠ろう

きっと

無題

白い春の日差しに
夏が見え隠れしている
君の口笛が心地良く
僕の鼓膜を撫でている

今日は電車で違う街に行って
素敵な歌声を聴きにいって
美味しいご飯を一緒に食べよう
それぐらいのこと、望んでいいでしょう

懐かしい声が聞こえた気がする
ずっと昔に置いてきた小さな手が
すぐ側にある星を掴めないって
気付く前に空に還してあげたい

無題

春は君と出会ったことを歌おう
舞い散る桜より美しい笑顔を
夏には青い車で海を見に行こう
眠らないで二人で行こう なんて
秋には君の好きな本を読もう
少しでも分かり合えるように
冬には全部どうでもよくなって
明かりをつけたまま寝そべっている

いつも思い出してしまう
貴方の笑顔とか一緒に過ごしたこととか
季節がどんなに僕を忘れようとしても
僕はこの世界にしがみついている

無題

貴方がどんな風に僕を苦しめたとしても
未来はいつもあるから、大丈夫さ
季節が変わるときにまた、一緒に笑おう
いつかは思い出になって、空に舞うさ

tricot

TOKYO VAMPIRE HOTEL格好良い。

今日下北沢行こうとしたけど明日Predawn観に行くからいいやってなった。

死にたい。