読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無題

学校の屋上にただ立っている
しとしと降る雨が水溜りになる
灰ばっかりの空の下で煙草を
煙草を吸いたい それだけなんだ

ギターを握って歌うことが青春だって
青い春の人たちに教えてもらいました
夕方には皆死んでしまったんだって
今朝のニュースで僕は知ったんです

12月の終わりはいつも最悪で
そんな日は大体曇っているから
陽が無い日を嫌いなんて言えないんだ
そんなことしたら今日はどうなるの

無題

20歳のとき、大切な仲間と始めたバンド。
その時の、最初のメンバーでの、最後のライブ動画を観てた。
あの頃も沢山迷ってたけど、バンドを始めたことは間違っていなかったなって、やっと思えるようになった。
世間一般からすれば、就職活動もせず、バンドで食っていこうって考え自体馬鹿みたいで、頭悪くて気持ち悪かったかも知れないけど、それでも、出来ない理由から逆算していったら絶対にあの時間はなかった。
コンビニの夜勤をしていて、活動中も殆ど夜勤ばっかしてて、バンド活動なんてほんの少しだったけど、それが故にあの時間は一瞬一瞬が大切で、一つ一つが泣きそうになるぐらい大切な思い出だった。
だから、後悔はしない。
あの時間が無駄だったって絶対に言わない。

それでいいんだよね。

無題

何回季節を繰り返しても、自分の思い通りになることはない。そんなことは分かっているのに、壊しては捨ててを繰り返して、またこの場所に立っている。

無題

少しだけ疲れてしまった 彼女はそう言って
あまり綺麗でない駅前のベンチに腰をかける
目は淀んでいたけれど 少しだけ微笑んで
斜め下を見つめていた 少しだけ微笑んで

いつか彼女は本当のことに気付くだろう
その時もきっと、疲れた顔をして微笑んで
きっと、きっとってなんだ 誰が決めたんだ
足音がしていた 今日はなんだか煩かった

もう立ち直れないほどの心の傷を負っても
いつも気怠そうな君は変わらず僕の横にいて
「あっちに行こう」とか「こっちが綺麗とか」
もう無理しなくていいんだよ おやすみなさい

無題

血塗れの空の下で 君は夢を描いている
最低な空気を吸って 気持ち良いと言う
それでも君は幸せそうに笑って
それにつられて僕も笑った

無題

赤い空に点と点 連なっていく夢の跡
空の色 君に似てとてもいやらしい
永遠は僕だけのものじゃないよ
きっと それは そんなんじゃないよ