無題

あの子の気持ちが分からない日は
あの子の好きな人の本を読んで
誰かを好きだったことを思い出して
今日を檻の中に閉じ込めて眠ろう

きっと

広告を非表示にする