読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無題

私は一昨年、バンド活動をお金にしていくのが自分では不可能だと
感じて、バンド活動を諦めることにした。その後は少し悩んだけれど、
昔から仲の良い友人がプログラミングを勉強していて、単純に興味を
持ったことからプログラミングを仕事にすることを決めた。
興味が全くないことでは仕事にするのは難しいと判断したからだ。
その後はコンビニのアルバイトを夜勤から昼勤にシフトチェンジし、
職業訓練校に通いプログラミングを学んだ。職業訓練校で学んでいる
間の時間は本当に充実していて、起きている間は常に勉強していた。
訓練校の先生も変わった人で、確かな経歴の持ち主だったが教え方が
あまり上手くなく、生徒が全くついていけない授業を一人でにやつきながら
やり続けるような先生だった。僕はその先生の自分勝手な授業が好きで、
意味不明だとは思いながらも毎日必死に聞いていた。
職業訓練校に通っている最中は友達と遊んだ記憶もない。「これは試練の
期間なんだ」と自分に思い込ませ、毎日を過ごしていた。
そのまま半月が過ぎ、僕は国家資格を取得し、就職していた。
今の会社では、最初の頃は完全に教育放棄され、タイムカードを押しては
ぼーっと座り、時間が過ぎるのを待っているだけだった。
私の先輩が辞めるという話になり、事態は変わってきた。
無論、空いた穴を埋めるのは何も仕事がなく、のうのうと過ごしてきた私だ。
私は必死にその人の仕事の引き継ぎをし、何とか3ヶ月ほどやりきった。
そのあとに、もう一人先輩が辞めるという話になった。最初の先輩が辞めて
しまうというときは凄く悲しかったけど、2人目が辞めてしまうときは全然
悲しくなかった。悲しくなかったし、迷惑だとも思わなかった。
ただ、その人は大変疲れているように感じた。だから仕方ないと思った。
その人は間もなくして会社を辞め、結局引き継ぎは大体僕のところにいった。
僕の仕事は最初の頃と比べると5,6倍に膨れ上がっていた。(まあ最初の頃なんて
0に近かったから幾つ数字をかけても0だろ、っていうのはなしで)
それでも意外とこなせてしまうもので、何も分からないながらもなんとなく毎日
こなしていた。
今度は社長が別のプロジェクトを立ち上げるからそれに割かれる人員の分の仕事を
君にやってほしい、と言われた。もう明らかに無理だった。明らかに無理だと思いつつ、
会議で適度に反抗してみたが、そんなものが通るはずもなく、結局その仕事も僕に押し付けられた。
仕方ない、と言い聞かせ、その日の夜は押し付けられた仕事を整理して帰った。
その次の日の夜、僕は高熱で倒れた。インフルエンザだった。
そして今、僕は一週間会社を休んでいる。無駄に有給休暇を消費してしまった。
毎日何もすることがなく、本を読み、テレビを観て、ネットを見て終わる。
きっと本当に無職の人達も、この虚無感と戦いながら生きているんだろう。
本当はやるべきことなんて山ほどある。例えば英語の勉強をするとか、
プログラミングの勉強をするとか、色々。だけど何もやる気にならない。
今更、やる気を出すのがかっこ悪いとか、かっこいいとか、そんな気持ちすら湧いてこない。
なんとなく、虚無だ。きっとこういう堕落した思考自体が害悪だし、最悪なことなんだろう。
明日はちゃんと生きよう。いや、今からちゃんと生きよう。なんて、思ったりする。