読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無題

殺風景 今日も知らない誰か死んだ
テレビのニュースでやっていたけど
僕は知らない 僕は知らない と
誰もいない部屋で繰り返し呟いて

眩しすぎる貴方の掌を握ることは
僕にはあまりにも難しくて
それでも何らかの感情は伝えたくて
わざと弾いてしまったことを今でも

だから何?って君は笑って明日になって
手首も切れないよ 楽しくないもんって
また明日って そんなことを言って
もう二度と僕の前には現れなかった