読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アリッサム

記憶を頼りに(表現できないところは誤魔化しながら)
歌ってみた。原曲聴いたらサビの進行間違ってた。

burger nudsに憧れて作ったって鈴木さん言ってた。
僕もbutter butterに憧れて、日常という曲を作りました。
意識してなかったけど、歌詞がバターの「ライン」という曲に
そっくりになっていて、あとから気がついて自動的にパクって
似ていたことに勝手に驚いたり。

バンドってのはイヤフォンやステージの上では
本当に輝いていて、いざ自分でやってみると
ただドロドロしてるだけで、泥沼にいるような
感覚で、それでも、泥沼の中から必死に考えて
出来上がる曲はその中で輝いていたり。