無題

上手くいかずズレた明日も
辛くて逸れた昨日もあった でも
時々あの正しい日を思い出して
それだけでいい ただ、頷いていた