読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無題

 

「明日をどうやって繋げたらいい」

「明日になったって何も変わらない」

 

この2つの考えというか、命題というかは、

自分自身の頭の中にずっと突き刺さって、

蠢いて、蝕まれてきた。

 

結局、今の自分は、

「明日になったって何も変わらない」

ということは、否定出来るようになってきたと思う。

そして、その理由が「明日を繋げる方法」だったりする。

 

今週の頭は、本当に会社に行きたくなくて、

精神的に限界にきていて、辞めようか、死ぬか、という次元だった。

それでも今日まで繋いでくれたのは結局、「友達」だった。

水曜日の夜から木曜日の朝まで遊ぶってそれだけで、

その日までなんとか繋ぐことが出来た。

たとえ自分を騙しても、その日まで繋ぐことは正解だった。

だから今日がある。明日もある。明後日もある。

そうやって、生きて明日に繋いでいくことは、

紛れもなく素晴らしいことだ。

明日を生きられるのは素晴らしいことだ。

 

今日は古い友人の母の葬式だった。

自分は招待されていなかったので行かなかった。

(古い友人、今は付き合いがない。だから呼ばれなったことは必然だ。)

人の命は永遠じゃない。今しかない。次にいつ会えるかは本当に分からない。

だから、一緒に会って、共に笑顔で過ごせる時間は本当に宝物とか

安っぽい言葉では形容できないくらい、掛け替えのないものだ。

 

今を生きる、それを嚙み締められるようになるには、

多くの経験と体調、色々な重なったものしか訪れない。

誰でも得られるものじゃない。心身の疲弊によって

ボロボロになった人間に、「明日は美しい。

明日が駄目でも、繋いでいった日々には美しいものが待っている。」

とかなんとか意味不明なことを言っても、絶対に伝わらない。

 

「理解」を得るには「条件」が整っていないといけない。

その「条件」をすっ飛ばして、完璧な「理論」を用いて

「理解」を迫っても、得られるものは何もない。