読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無題

結局、僕は小学校で体育の時間が嫌だったときと、なんら変わりないのかも知れない。
あの時先生が「お前は弱い」と叱りつけたことは、正しかったのかも知れない。
僕自身が肯定した今の生き方は、根本的に間違っていたのかも知れない。
そんなもんだろう。
誰も正しくは生きられない。
だからこそ、もがき続ける。