無題

日々の憂鬱を書いても仕方ない。
それは最早日常と化した。
何が面白いなんて、
そんなものとうに忘れた。