読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無題

正しいのか正しくないのかも
とうに忘れてしまった気がするよ
新しい歌 作れなくてもいいって
笑ってもう一度振り向いてよ

ビルの隙間を縫って届く風の音
静かすぎる街並みを彩る喧騒
青すぎる瞳を染める鈍色の空
「都会って重くない?」
誰に言ってんだ

浮かんでは沈む
浮かんでは沈む
死体みたいに
明日を跨いで

チャイムの音が煩いな
馬鹿な女が耳障りだな
黒人がデカい声で喋ってるな
差別はしない 区別してるだけ

季節外れの風鈴を合図にして
君はprogram通りに動き出す
殺したくない人を殺して
死にたくないのに死んでしまった

歴史は繰り返されるんだろうな
シュレディンガーの猫は可哀想
もう涙を流すこともないし
妄想の中でしか生きれないよな

教室の窓 外に足を向けて
あの日のままの君が腰かけて
「貴方には分からないよ」
と言っている
なぜそんなことを言われたのかすら理解出来ずに
ただ 三角定規 コンパス
黒板 箒 プール 浮かんでいるのは