読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ituno photo

 

今聴いても悪くないなと思う。

大学2年生の終わりに、butter butterが好きすぎて、憧れて始めたバンド。

俺の青春を全て掻っ攫っていったバンドに憧れて始めたバンド。

そのバンドがつい最近解散して、色々考えたけど、

次の日には会社に行って、親しい人と話して、何気ない日々が繰り返されていく。

そんな中で、何をやりたいのか、と問われることが多くなった。

俺はきっと、今は本心から、またバンドがやりたいって思えなくなった。

楽しさとか、幸せとかよりきっと苦痛とか恐怖の方が完全に上回ってしまっているし、

仮にそれを全て取っ払った状態から始めても、この頃と同じ気持ちで曲は作れないと思う。

あの瞬間の自分が作る曲しか好きじゃなかったから、

もう自分のファンにはなれないから、

きっともう出来ない。

これは後悔なのか、自分を縛る鎖なのかも分かっていない。

自分が凄く有能でありながら、どうしようもない馬鹿なんだなって再確認する。

めんどくさい。めんどくさいしか言えない。

 

眠い。