読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無題

皆は何を糧に生きている?

俺はなんなんだろう。

 

さっきはこんな思い出を思い出した。

思い出を思い出した原因は煙草を吸ったこと。

 

俺が何故煙草を吸い始めたか?

それは、彼女達の気持ちが知りたかったから。

俺の大好きな先輩達の気持ちが知りたかったから。

彼、彼女等と話す時間が欲しかったから。

 

だから俺はあの子を信頼を失った代わりに、それを得た。

階段で煙草を吸いながら朝日を見たことがあった。

部活で使用しているスタジオの前で、練習の合間に三人で煙草を吸ったこともあった。

当時の俺にはそれが全てだった。

それ以外なかったし、それ以外いらなかったし、それ以外必要だと思わなかった。

間違いなく、あの頃は満たされていたと思う。

だけどそれもこれも結局、一時的な依存に過ぎなかった。

全てが嘘に変わる前に、何とかして俺の方から捨ててやりたい。

いつも蚊帳の外で、踊っていた俺は、コントローラーになりたい。

そう願った。一度失敗したそれを、もう一度手に入れたかった。

 

あの頃が、俺にとって遅れてやってきた青春だった。

間違いなく俺の全てで、俺は満たされていたんだ。

 

そうやって俺は歳を取った。

大学卒業後始めたバンドも、やりたくて続けたバンドも、

それはきっと俺にとって大学の部活動の延長線上にしかなかった。

だから本気でやってる人には敵わなかったし、

適当にやっている人間を適当に見下した。

俺はその程度でしかなかった。

俺は凄い曲を作った。

楽器は上手くなかったし、作曲も上手くなかった。

女子供を喚かせるバンドより演奏は下手だったし、

顔も不細工だった。

俺が負けないことは、曲のセンスだった。

作曲のセンスだった。俺のそれは他よりもずば抜けていたし、

俺にはそれしかなかった。

結局、色んな意味での限界を感じて、俺は諦めてしまった。

間違っているとか間違っていないとか以前に、俺は逃げてしまった。

 

バンドで稼ぐことを諦めて、少しでも興味が出たプログラミングを仕事にすることを決めた。物作りが好きだった。のだと思う。この前までの俺はそんなことを言っていた。

クリエイターに憧れていたし、それに成りすますことを生きがいとしていた。と思う。

全てが色々と仮初すぎて、なんだか書き込んでいて申し訳なくなってくる。

俺は色々な有象無象に謝りたい。いや、嘘だし、大げさだが。

くだらないし、馬鹿だが。結局これ。もう行き詰ってる。

 

まあ結局、全て忘れてほしいし、全てなかったことにしたい。

そうすれば、そうすれば、幸せだろう。きっと。きっと。きっと。