読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無題

会わなくなったら忘れていく。

その人のことを思い出さなくなっても、

穴なんか開かずに、何となく生きていける。

人間なんて本当にそんなもん。

本当に大切なものは少し、一握り、一桁。

その程度でしかない。それ以外はおまけ。

だから俺ももう、大体忘れることにした。

思い出してくれてるのが幸せなんて夢の中の、

画面の向こうだけの話で、

思い出されてしまったら、

もう一度思い出して欲しくなって、

余計切なくなるだけじゃないか。